【自転車日本一周メリットデメリット】文系大学生が選んだ理由

【自転車日本一周メリットデメリット】文系大学生が選んだ理由

はじめに

こんにちは!森です。
2021年の4月より全国の光り輝くアクティビティを求めて自転車で日本を一周することを計画しています。
僕自身悩みに悩んでたくさん調べて、日本一周の手段として自転車を選びました。

日本一周の手段には本当にたくさんあります。
陸路だけでも電車や車、バイク、自転車、リヤカー、徒歩などなど。島国ということもありヨットで行く人もいればシーカヤックで行く人もいたり、本当に手段はたくさんあります。

どれが優れている・優れていないではなく、自分にあった手段を選ぶことが重要です。
「冒険」を求めている人がキャンピングカーで日本一周をしても楽しいかもしれませんが、どこか物足りなさを感じるはずです。それは逆も同じで「旅行」を求めている人が徒歩で日本一周は、恐らく辛いだけです。

そのようなミスマッチを減らすため、今回は「自転車」という手段のメリットデメリットを整理します。

自転車日本一周は “バイク日本一周” と “徒歩日本一周” とのいいとこ取り

結論からいうと自転車日本一周は “バイク” と “徒歩” とのいいとこ取りです。
ここではメリットデメリットをご紹介しますが、あくまでも「合う」「合わない」が決め手なので、ご自分の都合に合わせて参考にしてみてください。

自転車日本一周のメリット

Photo by Snapwire from Pexels

それでは早速、自転車日本一周のメリットを整理します。

“冒険” している感覚

一番の魅力はこちらの “冒険” している感覚を味わうことができる点です。
皆さんは何を求めて日本を一周しますか?「食」だったり「自由」だったり、求めるものは挑戦する人の数だけあると思います。その中でも「なんか面白そう」と思っている方は多いのではないでしょうか。そんな人に「冒険」はおすすめです。
そして、冒険している感覚を味わうことができるのは自転車ならではです。
その点で、徒歩のいいところである「冒険感」がある自転車をおすすめします。

荷物の積載

バイクに出来て徒歩にできないこと。
いくつもありますが、その一つが「荷物の積載」です。

日本一周には荷物がたくさん必要です。ホテル泊や車中泊であればテントやシュラフなどは必要ありませんが、多くの人が野宿をすると思います。そんな時に徒歩だと限られた荷物しか持つことができず、生活が困難になります。
日本一周は何かを得るために行うのであり、何かを我慢するためではありません。
この点でバイクのいいところである「荷物の積載」ができる自転車をおすすめします。

初期コストの安さ

自転車日本一周は、徒歩以外の手段で最も初期費用を安く済ませることができます。
ただでさえ旅はお金がかかります。一番最初にまとまって必要となるお金が少ないことに越したことはありません。
徒歩の良さである「安さ」の点で自転車をおすすめします。

ちょうどいいスピード感

Photo by Patrick Hendry on Unsplash

速すぎず遅すぎず。
バイクは原付であれば30km/h, 普通二輪なら一般道であれば60km程度です。
一方で徒歩は通常約5km/hと言われています。しかしたくさんの荷物を持つと平均はもっとゆっくりになるかもしれません。
自転車であれば荷物を積載した状態でも平均20km/h程度で走ることができます。

バイクほど速すぎず、徒歩よりもだいぶ早い。つまり、バイクよりも旅中の出会いが増え、徒歩よりも辛い時間が少なくなります。
ちょうどいいスピード感という点で自転車がおすすめです。

自転車日本一周のデメリット

ここまで自転車のメリットを整理しました。しかし、もちろんデメリットも存在します。

時間がかかる

バイクでの日本一周と比較して確実に時間がかかります。
バイクでの日本一周は速い人で2週間程度で達成しますが、自転車はある種自分の体がエンジンのためどうしても十分な休息が必要になります。

休みなしで1日100kmずつ走ったとしても約4ヶ月ほどかかる計算で、短い期間で日本一周を達成したい人は自転車は難しいと思います。

ある程度決まったルートになる

バイクや車と比べて、自転車はある程度決まったルートになると考えられます。

僕自身休日はよく自転車で遠出をするのですが、疲れないためには「一定の速度で」「平坦な道」が重要になってきます。また進んで山道を自転車で進みたいとは思いません。
そのため、アップダウンの少ない海岸線沿いを走ることが多くなると思います。

事故リスク

自転車は車やバイクと比べると圧倒的に弱い立場にあります。
ほとんどの人はプロテクター等はつけておらず、唯一身を守るものはヘルメットです。

特に幹線道路は横幅の広いトラック等も走っているため、道路の左端を走っていても幅寄せを受けます。そのため、事故のリスクは他の手段と比べると高くなると考えられます。

自転車日本一周はこんな人に当てはまる

Photo by JuniperPhoton on Unsplash

ここまでメリットとデメリットを整理しました。ここまでの整理を踏まえて、「こんな人に自転車が当てはまるんじゃないか」をお話しします。

遊び心がある人

まず一つ目に「遊び心」があります。
自転車は徒歩と比較すると楽なように見えますが、絶対的には辛いことが多いはずです。
辛い状況だからこそ、どう楽しむかを考える遊び心があるひとあるひとは自転車日本一周に向いていると思います。

冒険を求めている人

冒険を求めている人に、自転車日本一周はぴったりです。
車やバイクでの冒険もあると思いますが、自分の足でペダルを踏み込み少しずつでも進む自転車の冒険はおそらくですが別物だと思います。そのような「あまり他の人がやっていない」冒険を求めている人に当てはまると思います。

まとまった時間を作ることができる人

デメリットでも挙げましたが自転車はとにかく時間がかかります。
ある程度まとまった時間がある人がむいているというよりは、ある程度まとまった時間がないと現実的でないと考えられます。
もちろん、電車と自転車を組み合わせたり、車に自転車を積載したりなど他の方法もあるので、自転車に固執する必要はないと思います。

最後に

この記事では「自転車日本一周」のメリットとデメリットを整理した後に、それらを踏まえてどのような人が自転車日本一周に向いているのかを書きました。

もちろん、「やりたい!」という気持ちが一番大事で

自転車日本一周のご支援をお願いいたします。

情報が溢れた現代にこそ、ただ羅列した情報でない本当に面白い体験・アクティビティを紹介することで、ご覧いただく方に新しい旅のカタチを提案しております。
メディア運営を持続可能にするため、またミッション実現に向けて今後も活動を進めるため、「タビナカを当たり前にする」にご共感いただける方・自転車での日本一周を応援いただける方
ぜひ、ご支援のご検討をよろしくお願いいたします。

自転車日本一周カテゴリの最新記事